• 学校案内
  • 保育学科
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 進路指導/就職

見出し

yamatanの少人数教育

 本学は、入学定員100名の保育学科の短期大学として少人数制のメリットを追求しています。質の高い体験を2年間で効率よくしてゆくには、単に人数を少なくした授業を展開するだけではなく、より計画的にシステムを創ってゆく必要があります。少人数によるメリットは、①コミュニケーションの絶対量が増える、②主体的な行動をとることができ、表現力が向上する、③個別の指導計画が立てられるなどです。
 本学では、平成28年度新入生のクラスを4クラスから6クラスに細分化し、個別のポートフォリオ(学習振り返りノート)を活用して、学習の個別ベストプランを作り、学習成果を定期的にチェックすることにしています。また、木曜日については、丸一日を柔軟に使用できるような時間割にし、クラスごとに終日学外実習等で有効活用できるようにしました。
さらに、進路ガイダンスにおいては、11人の専任教員全員が担当することで、短期間のうちに教員全員と新入生全員が互いに顔見知りになるシステムを実際に動かしていきます。