学生に関する事項

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

 子ども学科では、建学の精神(「質実」、「英知」、「愛敬」)を理解するとともに、現代社会に対応し、人間に対する深い理解と愛情を備えた心豊かで広く社会の発展に寄与できる人材の育成方針に共感する、次のような者の入学を期待しています。

(知識・技能)
 1 幼児教育・保育の学習に必要十分な基礎学力を備えている。 
 2  音楽、造形、言語、身体などの表現技術などに親しんでいる、あるいはこれらを今後学ぶにふさわしい豊かな感性をもっている。
 3 社会人として必要な教養・知識を身につけようとする姿勢をもっている。
(思考力・判断力・表現力)
 4  学びの基礎となる読む、書く、聞く、話す能力や自ら課題を発見し、考え、判断し、行動できる力を高めようとする姿勢をもっている。
(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
 5 幼児教育・保育に情熱と使命感をもって取り組むことができる。
 6 人や動植物、自然に対する深い愛情を持っている。
 7 笑顔、挨拶、言葉づかいなど基本的な対人関係能力を備えている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 子ども学科では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に示した資質・能力・態度を総合的に備えた学生を育成するために、以下のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に基づいて教育課程を編成するとともに、学生の学修過程や学修方法が明示された教育内容、教育方法をもって授業を実施し教育評価を行います。

(教育内容)

 1  保育者としての専門的知識・技能をはじめとして、思考力・判断力・表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度等を育むため、教養科目及び専門科目を科目内容の分野や関連性から記号・番号をつけ、体系性、系統性をふまえて配置し、学生が学びの全体像や科目間の関連を容易に理解できるようにカリキュラムツリーを作成します。
 2  保育者としての使命感や態度、社会貢献への積極的な姿勢、人や自然を深く愛し、慈しむ態度等を涵養するため、学内外の自然・社会環境を利用した体験型の学習を取り入れた科目を配置します。
 3  1年次には、建学の精神を理解し、大学における学びへの適応を速やかにするとともに、社会性や学ぶ力の基礎を育むため「基礎演習」「キャリアアップセミナーⅠ」を、2年次には主体性、協働性、対話性、人間力を高めるため「総合演習」「キャリアアップセミナーⅡ」をそれぞれ配置します。
 4  保育士資格及び幼稚園教諭二種免許状の取得に関する科目による幼稚園教諭・保育士養成課程を編成するとともに、その他保育者として資質向上に資する資格が取得できる科目等を配置します。
(教育方法)
 1  シラバスには、各授業科目の到達目標や毎回の授業の予習・復習内容などを具体的に示すことで、学生の主体的で効果的な学習を支援します。
 2  授業科目の内容に応じて、アクティブ・ラーニング、グループワーク、プレゼンテーション、ゼミナール形態等を取り入れ、学生自身の問題発見、資料収集と分析、解決方法の検討、討議・発表の機会を多く提供することに努めます。
 3  保育の内容や保育技術、実習準備に関する科目については、少人数編制で効果的に学習できる授業展開とします。
 4  免許・資格取得のための現場実習や現場体験の学習を段階的に行い、これらを通じて保育者としての資質・能力・態度の修得に資するようにします。
(評価)
 1  単位認定にあたっては、シラバスに開示する成績評価と基準によって厳格な成績評価を行うとともに、半期ごとに GPA によって学修成果の達成状況を評価し、一定の GPA をクリアするよう学修支援・指導を行います。また、学生は学年ごとに自身の学習ポートフォリオを作成し、自らの学びの成果を自己点検・自己評価することができます。
 2  授業アンケートを半期ごとに実施し、個々の授業内容や方法の改善、カリキュラム編成の改善を検討します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
 子ども学科では、建学の精神(質実・英知・愛敬)、学則にある短期大学及び子ども学科の目的に則り、学則第 43 条(卒業)に示す所定の教育課程を修め、66 単位以上を累積 GPA 一定以上の成績で修得し、以下のような知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を備えた者に対し、その卒業を認定し短期大学士の学位を授与します。

(知識・技能)

 1 保育者としての専門的知識・技能
 2 社会人として必要な教養・知識
(思考力・判断力・表現力) 
 3  獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、職業や社会における諸問題を自ら発見、分析、解決方法について考察する力、さらに自分の考えを他者に口頭、文章、あるいは身体をもって的確に表現する力
(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
 4 保育への情熱と使命感を持って社会に貢献しようとする主体的・積極的な態度
 5 人や自然を深く愛し、慈しむ態度
 6 社会人として必要なマナー・常識・態度

令和3年度 ディプロマポリシーに掲げる学力の割合について




入学定員、収容定員、入学者数、在籍者数等(令和4年度)

学 科 名入学定員収容定員入学者数在籍者数充足率
子ども
10020070134
67.0 %

専任教員・非常勤教員 (5月1日現在)
専任教員数非常勤教員数
11人 (36.7%)19人  (63.3%)

専任教員一人当たりの学生数(人)
専任教員数学生数専任教員一人当たりの学生数
子ども学科1113412.2

入学者の推移(平成30年度~)


学科等の
名称
事項
30年度
2019年度
2020年度
令和3年度
令和4年度
備考
子ども学科
入学定員
100
100
100
100
100
入学者数
71
70
73
65
70
入学定員
充足率(%)
71
70
73
65
70
収容定員
200
200
200
200
200
在籍者数
140
141
142
137
134
収容定員
充足率(%)
70
71
71
69
67

進路状況 (令和3年度)

子ども学科
()は%

事項

令和3年度

a
卒業者数(学位授与者数)

66

b
就職希望者数
b/a
64
(97.0)
c
うち学校で斡旋した就職者数
c/b
62
(96.9)
d
うち自己開拓分の就職者数
d/b
1
(1.6)
e
就職未定者
e/b
1
(1.6)
f
進学・留学希望者数
f/a
0

g
進学・留学者
g/f
0
h
進学・留学準備中
h/f
0

i
その他進路決定者
i/a
0

j
不明・無業者数
j/a
2
(3.0)

学生の状況Ⅰ(平成29年度~)

卒業者数(人)
区分
29年度
30年度
31年度
R2年度
R3年度
子ども学科
78
66
70
68
66
退学者数・除籍者数(人)
区分
29年度
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
子ども学科
(中退率)
8
( 5.2 %)
2
( 1.4 %)
2
( 1.4 %)
1
( 0.7 %)
5
(3.6%)
留年者数(人)
区分
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
R4年度
子ども学科
2
0
1
1
2
休学者数(人)
区分
29年度
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
子ども学科
2
1
0
1
1
就職者数(人)
区分
29年度
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
子ども学科
78
61
69
65
63
進学者数(人)
区分
29年度
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
子ども学科
0
1
0
0
0
社会人学生数(人)
区分
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
R4年度
子ども学科
7
16
18
16
14
留学生数及び海外派遣学生数(人)
区分
30年度
R元年度
R2年度
R3年度
R4年度
子ども学科
0
0
0
0
0

学生の状況Ⅱ(令和2年度~)


単位取得状況と学位取得状況〔単位:人〕〔単位:人〕
R2年3月卒業者R3年3月卒業者R3年3月卒業者
卒業人数(学位取得人数)706866
平均取得単位数102.499.499.4
保育士資格取得人数と幼稚園教諭2種免許取得人数 [社会人( )内を含む]〔単位:人〕〔単位:人〕
R2年3月卒業者R3年3月卒業者R4年3月卒業者
保育士資格取得人数70  (7)65  (8)64(9)
幼稚園教諭2種免許取得人数59  (5)56 (6)56(6)
就職先別就職人数〔単位:人〕〔単位:人〕
R2年3月卒業者R3年3月卒業者R4年3月卒業者
保育園394334
幼稚園937
認定こども園324
福祉施設141615
その他(学童・相談員等)413
(就職しない者:進学・病気等)(1名)(3名)(2名)
就職率〔単位:%〕〔単位:%〕
R2年3月卒業者R3年3月卒業者R4年3月卒業者
就職率98.695.695.5
就職以外(進学・病気等)1.44.43.0


卒業生の就職先での勤務状況

就職先での勤務状況調査〔保育学科 平成31(令和元)年度卒業生〕
山村学園短期大学 キャリア支援センター
(2021(令和3)年9月1日)





6 その他(今、職場で努力していること、仕事上の悩みなどを自由にお書き下さい。)
【保育園】
①連絡帳を記入するためにも、一人一人の遊びを把握するのが大変ですが、広い視野を持って頑張っています。
②手遊びなどをして子どもたちが何もしない時間ができないようにすること。子どもたちにとって良い導線を作り、スムーズに活動が出来るようにするのが難しい。
③加配の子が多く、また天真爛漫な子が多いクラスのためまとめるのは大変ですが、リーダーの時はクラスの運営が上手くいくよう努力しています。
④新人ですが積極的に発言しています!
⑤一歳児担任をしていて言葉が少しづつ出てくるようになりとても可愛いです。
⑦同じ職場の人が30代以上の人しかいない為少し大変だが楽しく仕事が出来ている。
⑧短大で学んで興味を持った「見守る保育」「異年齢保育」を行うことが出来、やっと夢が叶ったなと嬉しい毎日です。我が法人はチーム保育なので、助け合いながら広い目で子どもを優しく信じて見守っています。職員間も年齢を超えた豊かな関わりがあり、自分もチームの一員であるという自覚と喜びを感じながら、保育を楽しんでいます。
⑨仕事の悩みは思いつきません。努力していることは沢山有りますが、自分から行動することを心がけています。
⑩初回のお誕生日会の行事担当になり、前も後ろも分からない所から進めましたが、今までやってきた事などを先輩の先生に聞きながら沢山いる同期と夜遅くまで練習したりして無事保護者にも喜んで頂けました!この経験を活かして、七夕会の行事担当も成功させることが出来ました!!
⑪日々いっぱいいっぱいで、やることも考えることも多すぎて手に負えない状態ではあるけど子どもが関わりにきてくれる時は嬉しいです。
⑫人間関係も良くて、楽しみながら仕事することができています!
⑬毎日、先生達についていこうと努力をしている。ミスばっかりが続き、頭が追いついていけない。毎回失敗したら自分が原因にされる。
⑭子どもが楽しみ、喜び、成長に繋がることを第一に保育を考えて行っている。子どもとの関わり方が上手だねとベテランの先生方に褒めてもらえたのはとても嬉しかった。
⑮書類作成は少ないが個別計画表をクラスの半分4人分を毎月記録している。一歳児で自分の思いを強く表現する子が増えてきたためどう対応するのがベストなのか分からず悩む時がある。職場の人間関係はとても良く皆さん優しくしてくれる。
⑯1年目で担任を持ったことで、クラスを主で動かしているのですが、どのようにすれば子どもたちの能力がもっと伸びていくか、可能性を引き出せるのか悩んでいます。
⑰保育園だから一人担任もないことは無い。臨機応変の対応が求められる。
⑲季節の行事に合わせた歌や手遊びなどを覚えること。また、職員間のコミュニケーションや連携が取れるよう自ら関わる努力をしている。

【幼稚園】
①人数が多い園なので、子ども一人一人をよく見て関わること。

【施設】
①子どもとの関わりはとても楽しいです。
③先月から夜勤が始まり、日勤とは違った動きのため夜勤の業務を覚えることを努力しています。
④障害者の方との関わり方が難しい。
⑤相談援助業務の中でも虐待対応や精神疾患のある母親の養育支援など対応が難しいケースが多く、職場の先輩に相談しながら対応している。




平成31(R1)年度卒業生の勤務状況調査(所属長回答)
山村学園短期大学 キャリア支援センター
(2021(令和3)年9月28日)



7 その他(本学への要望等)

① 子どもの面白さ、保育の楽しさを教えてあげてください。
② 今後も職場環境を整え、若い世代にとって働きやすく魅力ある職場作りに努めてまいります。
③ 意欲があり、先生たちともすぐになじんで元気いっぱいに勤めている。今後に期待しています。
④ ワードとエクセルの基本操作、写真の取り込み方などを授業で習うとよいです。
⑤ 文章を考えて記録する、人に的確に伝えることが苦手な学生が増えているので、実習以外でも学びを増やしてほしいです。
⑥ 努力している姿が素敵です。日々成長しており今後が楽しみです。これからも保育士の卵を温かく見守り保育の仕事を楽しめる生徒の育成をお願いします。
⑦ 上目線の態度が気になるので少しずつ理解してほしいです。
⑧ 積極的に働いてくれる素晴らしい保育者です。子どもとも保護者とも笑顔でコミュニケーションを取り頑張っています。
⑨ よく気が付き、とても良い職員です。よく頑張っています。(多数)


【考察と課題】
○学生指導の課題: コミュニケーション能力(協調性)、できなくても前向きな態度(積極性)、障害児教育や障害についての知識(学ぶ姿勢)。パソコンの基本操作。子どもとの関わり方。
○記録の仕方、聞いてまとめる力。

★評価は総じて良い。コロナの影響で、子どもや保護者との関わりが少ない(無い)。今後経験を積んでいくよう期待するという回答が共通していた。
★課題については、障害児教育や実習指導等の授業科目はもちろんのこと、日頃より各場面で教職員が学生とコミュニケーションをとり、協調性・積極性・学び方をも養うよう促していきたい。

平成30年度卒業生 就職先での勤務状況