• 学校案内
  • 保育学科
  • オープンキャンパス
  • 入試情報
  • 進路指導/就職

見出し

進路ガイダンス

進路ガイダンスを1年生前期から開始します。
自分の適性や自分らしさについて、早い段階からアプローチをして理解を深めます。
公務員試験合格に必要な一般教養、専門知識を早い段階から習得します。

2年間の学習や経験を通して、少しずつ「自分らしさ」、「将来の職業」を確認していくものです。公務員を目指す場合には、そういった経験と並行して、さらに一般教養、専門知識について習得していなければならず、早めのスタートが肝心です。始めの「一歩」を早めに踏み出しましょう。
キャリア支援センターは、入学から卒業後の進路に関わる学生のキャリア形成、就職活動を支援する組織です。

現在、入学後すぐに1年生の前期から進路ガイダンスを開始し、早い段階から職業に対する意識を高め、就職に必要な知識、技能の習得、のを身につけていきます。また、公務員試験対策講座を同時並行で開催しながら、さらに1年生後期からは、公務員試験受験特別コースを開くなど、公務員試験に合格のための指導を最大限強化していきます。

キャリア支援センター

進路ガイダンス等、就職指導に関係する諸活動の運営を行っています。今年度は、進路ガイダンスを入学直後から開始し、就職への意識の向上や公務員試験の合格を目指します。進路ガイダンスでは、自己の適性発見、履歴書作成、就職情報の収集、外部の専門家による講演、公務員試験対策、小論文指導、面接指導等を行います。本学オリジナルの「キャリアサポートブックを使用しながら進路指導を行います。手引には、進路ガイダンスのスケジュールを始め、履歴書の書き方、面接の仕方等就職活動に関するすべてがまとめられています。

個別面接指導

就職活動は、教育活動の一環でもあります。自分の適性を理解すること、自分の学習成果を整理して相手に伝えること、自分の良さを表現すること、これらは単に就職先を決めるための作業ではなく、立派な社会人として社会に貢献するために必要なプロセスです。個別の面接練習・履歴書指導は、最低でも一人について5回(5時間)以上を基準として、合格するまで行います。学生には、自分で就職活動に関するノートを作るように指導しており、これまでの学習の成果をまとめたり、面接での要点をまとめたりしています。

学生、短大、ご家族の三位一体の取り組み
(学生支援)

保護者の方との連絡は密に取り、必要に応じて保護者の方を交えて面談を行っています。また、毎年保護者会を開催し、短大での学生の様子を保護者の方に伝えると同時に、就職活動への協力をお願いし、学生、短大、ご家族が三位一体となり就職へ取り組んでいます。

進路ガイダンス TOPICS

埼玉県「平成29年度埼玉がいいね!保育士就職応援事業」

 平成29年11月8日(水)5時限 1年進路ガイダンスが開催されました。


・「保育の仕事に携わって~その魅力とやりがい」
  講師:みのり保育園 保育士 小林麻由美先生(本学卒業生)
  就職後1年目・2年目・3年目の様子を体験を元にお話しすることで、学生の就職への不安を払拭してくれました。



・「保育の仕事PR出前講座」
  講師:株式会社シグマスタッフ キャリアカウンセラー
  普段は聞けない話をデータを呈示しながら説明してくれました。